学校生活

ありがとう西広谷小学校(3/24)

 3月19日(水)に第120回卒業式を行い、たくさんの思い出を胸に4名の子どもたちが巣立っていきました。24日(月)には、長い歴史と伝統ある西広谷小学校の閉校式が行われました。温かく見守ってくださった保護者の皆様、地域の皆様、本当にありがとうございました。この学校でしか培われないよさは今後の人生支えになっていくと思います。本当に感謝します。

 「ありがとう西広谷小学校!さようなら西広谷小学校!」卒業式 unndoukai

 

 

 

 

 

 

 

 

yume

 

 

 

 

 

 

 

閉校記念誌[夢のかけ橋」が、皆様のおかげで発行できました。

                                       

本年度のホームページの更新は、今回で最後とさせていただきます。

これまで、アクセスしていただいた方々にお礼を申し上げます。

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業ランチ(3/5) 夢にむかってはばたけ集会(3/7)

 3/5校舎の桜に、つぼみがふくらみはじめました。旅立ちの春まで「○○日」。旅立つ卒業生にと調理員さんと栄養士さんが12種類のメニューの卒業ランチを作ってくださいました。バイキングならではの楽しみとおいしさを存分に味わうことができ、ランチルームの春満開でした。卒業ランチ

 3/7今日は、別れを惜しむかのようになごり雪がちらちら舞いちる中、卒業を祝う会「夢にむかってはばたけ集会」を行いました。ゲームやクイズ、出し物、手紙渡しなど、お世話になった6年生に、感謝の思いを届けようと、1年生から4年生が力を合わせて、心のこもった集会をしました。「思い出を語る」椅子取りゲームや、思い出クイズや感謝の手紙渡しなどしました。最後に6年生がお礼にと「広い空の下で」を歌ってくれました。また、みんなで過ごした一年間の思い出をカレンダーにしてプレゼントしてくれました。

 送る会6年生と在校生の忘れられない思い出が今日もまたひとつ増えました。

                                by  クータン

 

   

 

宮島さんとの交流会(3/3)

「はじめまして。僕の名前はてっちゃんといいます。」から始まった交流会。中学校から車いす生活になり、今では車いすバスケット選手として全日本代表選手に選ばれ、3月末には、世界選手権に出場します。多忙の中、「多くの人に自分たちが行っている活動を知ってもらいた運ぶい」そして「夢や希望を大切にしてもらいたい」との思いから、仕事の合間をぬって来てくださいました。

 車いすを車から運んだり、組み立てたり、車いすバスケットを体験するのははじめての子どもたち。

給食を一緒に食べたり、昼休みにシュートの打ち方を教えてもらったりと、短い時間の中でも、深い交流ができ、子どもたちはとても喜んでいました。

 「てっちゃんは、病院に毎日来てくれる友だちや家族が支えてくれたから、小さい頃から夢だったバスケット選手になるという希望を持つことができた。みなさんも、夢と目標を持って、支えてくださる人たちに、感謝の気持ちを大切にしてほしい。」とメッセージをもらいました。交流を通して子どもたち一人一人が生きることについて多くのこと感じ、学びとることができました。てっちゃんに感謝します。ありがとうございました。    話を聞く

                   byクータン

                 

鍋ランチ(2/12)

 2月に入って、寒さも本格的になり、屋根には2mのつららができました。つらら外で吐く息は真っ白です。でも、今年最後となる鍋、「シチュー鍋、ちゃんこ鍋」の2種類の鍋ランチで、体も心もぽかぽか!体の芯まで温まりました。鍋2

 幸せ気分を存分に味わわせてくださった、栄養士さん、調理員さんに心から感謝します。

                                                             鍋3nabe 1byクータン        

お世話になりました(2/5)

京井2 今日は理科の授業の充実のために来ていただいていた先生とのお別れ式を行いました。

京井3 授業では、実験の仕方がわからなくて困っているときなど、いつもそばでやさしく教えてくださいました。さわやかタイムでは、みんなでビーチバレーをして楽しみました。

「みんなにもっと理科が好きになってもらいたいです。」とお別れの挨拶での言葉に、理科が大好きという子どもたちは、今まで以上に、進んで学習しようという気持ちが高まったようです。

                 京井4                byクータン