トップ

ど(9)しょの日 お話の会(2/27)

 今年度最後のまるちゃん先生のお話の会を行いました。

 今日の絵本は、「ペンギンのたまごにいちゃん」「ともだち」。

 かわいい絵本だな…と聞いているうちに、いろんな思いを感じます。

  「ペンギンのたまごにいちゃん」では、しらない間に成長している自分に気付く「たまごにいちゃん」。さらに、親のために頑張ろうと努力する思いが伝わってきます。

   谷川俊太郎作の「ともだち」は、

  ともだちって、いっしょにかえりたくなるひと…ともだちならいやがることはするのはよそう…と、子どもたちの心に問いかけ、さらには世界の会ったことのない子どもたちも「ともだち」、だれだってひとりではいきていけない…ともだちってすばらしいと訴えています。

 絵本に込められた思いが、子どもたちそして、大人の心に響きますように。

来年も、まるちゃん先生のお話の会を楽しみにしています。(byアイユキ)