トップ

感謝のつどい(11/18)

 いつもお世話になっている地域の方々を学校に招待し、感謝の集いを行いました。

「こんにちは!」と大きな声で出迎えたあと、会場まで手をつないで案内しました。肩もみをすると「気持ちがいいわ」「上手やね」と声をかけてもらい、子どもたちは照れ笑いしながらも、うれしそうに微笑んでいました。

 西広谷小学校はたくさんの地域の方々に協力をしていただき、支えてもらっています。感謝の気持ちを伝えるために、自分たちができる最高の「おもてなし」をしたいと、子どもたちで企画し、練習してきました。地域の方々との思い出を劇にしたり、ダンスやマリンバ、手話で歌ったりして楽しんでもらいました。

 また、みなさんに食べてもらいたいと、地域の方々と共に育てた野菜を使って、お菓子を作りに挑戦しました。さつまいもの中にバターで炒めたリンゴを入れ、シナモンとココアをまぶした「焼かないさつまいも」というお菓子、かぼちゃとハトムギをまぜたカボチャクッキー・チョコチップクッキー・レーズンクッキーの3種類のクッキーを作りました。

 会食では、子どもの頃の話をインタビューしました。「小さい頃よく食べていたおやつは何でしたか?」「サツマイモを生でかじって食べていました。」

小さな会場が、笑いににつつまれました。そして、プレゼント渡し。

 プレゼントは、思い出のアルバム写真を貼ったカレンダー、手作りクッキーです。プレゼントを渡すと「ありがたくて胸がいっぱいになった」「おいしいお菓子をありがとう」とたくさんの方に声をかけてもらい、子どもたちは本当に嬉しかったようです。

 子どもたちにたくさんの思い出を残すことができました。来てくださった方々や都合でこられなかった方々にも、心から感謝します。

                            by クータンクッキング    歌